ブログ

飾り巻きすし初挑戦☆

小町メンバーあまやです!

かねてからず~っと気になっていて、一度は挑戦してみたい!と思っていた
「飾り巻きすし」 に初挑戦してきました!

 

「飾り巻きすし」・・・

sushi1

そうです。こんなのが作れちゃう、アレです( ´艸`)

ごはんソムリエでもある私、ごはんをキュートに美味しく楽しめるお料理ということで、
かなり前から目をつけていまして、資格まで取ろうかとも思ったくらい。。。

 

そんななか今回、“40歳からのキレイとチャレンジを応援!”をテーマに活動されている、
とっても素敵なお姉さまたち 「The SEVEN」の皆さんが主催する

“theSEVEN塾” ↓↓↓ にて

sushi2

飾り巻きずしのワークショップがあるよ~というので、お邪魔してきました~!

講師は、浮洲みどり先生!
東京寿司アカデミーの飾り巻きすし講師も務める、飾り巻きすしのインストラクターさんです。

sushi3

とても丁寧に、でも明るくはつらつとした先生で、お話しもとってもおもしろい!
まずは、先生のデモンストレーションから。

sushi4

巻きすの使い方、のりの置き方、すし飯の伸ばし方…どれもこれも、ちゃんと学んだのは初めて!
・・・あ、巻き寿司そのものが、これまでに1,2度しかやったことないかも…(;´▽`A`
ちなみに、巻きずしのごはんの量は、基本の細巻き1本で80gと決まっているのだそう。
きちんと分量にも気を配ることで、巻きあがりの美しさも、食べやすさも変わってくるんですって~。

マズイ・・・お料理は目分量でしかやらない私・・・巻きすしには、何よりも準備・段取りが肝要です。

 

素早く均一に酢飯をひろげて、きゅきゅっと巻いて、何本かのパーツを作ったら・・・

sushi5

大きなのりに全部のパーツを配置して、ギュギュッと巻いていきます~
こんな感じの断面…。ピンク色がチラホラで、なんだか可愛いのができそうな予感♪

 

・・・ということで・・・切ってみると・・・

 

sushi6

じゃ~ん!! 可愛い~(≧▽≦)♡ しかも、1本で真ん中から半分ずつ柄が違う~~!
さすが先生のお手本。高度なテクニックです。

こんなの作りたい~♪と、夢が膨らむも…そこは、ビギナークラス。
まずは基本の、きゅうりの細巻きからトライです☆

sushi7

のりの大きさと、ごはん80グラムてのがとても大事。
のりの手前少しあけて、均一に伸ばして、きゅうりを置いて、まきまき・・・

細巻きは、“丸”ではなく、巻きすで角をしっかり作って、
“四角い断面になるように巻く”と、上級者感が出るそうですよ~

 

sushi8

これです。。。って小さくて分かりにくいですけれど・・・なかなか上手にできたんです。

むむむ!これは楽しいかもしれない!!
きゅうりの細巻きだけで、なかなかの達成感です。なんだか夢中になってしまいます。

さらに、この基本の細巻きをベースに、「四海巻き」にトライ!
伝統的な飾り巻きすしのひとつだそうです。

・・・と、、作っている行程を写真に撮れていないのですが・・・

 

 

sushi9
こういう、きゅうり丸ごと1本を巻いた、かなり太くて大きな巻きすしを作り、
それをタテに4等分(十文字に切る感じ)にしまして、真ん中に玉子、それぞれが四隅にるように配して巻くと・・・

sushi10

これです!!こういう四角い巻きすしになるのです~(ノ´▽`)ノv

これが、四海巻き!!

GWの行楽弁当とか、こういうの入れられたら気分も上がりますよね!
おもてなし料理にも最高!
なにより、作るのがものすごく楽しいです。お子さんと作るのもいいですよね☆

sushi11

今回、巻きすし基本のキを学んだので…今度は、もっといろんなキャラものにも挑戦してみたいな♪

 

奥深く、そして、とってもクリエイティブな飾り巻きすしの世界でございました。

2015-04-21 | Posted in ブログNo Comments »